よくある質問

 

Q.白山生なのですが、通うことはできますか?

A.可能です! 半数以上の部員が白山生です。

 

 

Q.川越生なのですが、通うことはできますか?

A.川越キャンパスにも独立した弓道部がありますが、それでもなお希望して頂ける場合は歓迎致します。

川越キャンパスから朝霞キャンパスまで通っている現役部員もいます。

(東洋大学川越体育会弓道部)

 

Q.アルバイトをすることは可能ですか?

A.ほとんどの部員が授業・部活とアルバイトを両立しています。

 

 

Q.2部生でも入部できますか?

A.卒業された先輩、また現役にも2部に通いながら試合・大会のメンバーとして活躍する部員がおります。夜間の授業前など、空いた時間に練習を重ねています。

 

 

Q.初心者です。初期費用はどのくらい必要ですか?

A.弓道着に10,000円、矢(6本)に15,000円、弽(ゆがけ…弓を引くのに必要な鹿皮製グローブ)20,000円で、およそ45,000円必要になります。弓は道場の備品を貸し出します。

 

 

Q.大学から始めてもやっぱり経験者には敵わないでしょうか

A.未経験者ながら大会や公式戦で活躍している部員はおります。 一緒に基本からひとつずつ学んでいきましょう!

 

 

Q.オフ期間がどのようなものかイメージしづらいです

A.水・土曜日に行われていた正規練習がなくなり、各自の自主練習のみとなります。公式戦や大会が無いので、的中を気にせず射型を見直したり、弓具を替えて調整することができます。また年度により変更がありますが、自主練習の回数のノルマが設けられ、月1回程度の全体練習も行われます。

(参考:平成28年度オフ期間のノルマ…附矢20本を週2日)

 

 

Q.家が遠いので通えるか不安です…

A.実家から2時間以上かけて通っている現役部員もいます! 頑張りましょう。